Archive for

創業:西暦1311年、代々受け継ぐ真心「株式会社のとや」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第四十回「株式会社のとや」創業:応長元年(西暦1311年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


養老元年(西暦717年)、霊峰白山が泰澄大師によって開山し

養老2年(西暦718年)、神託によって発見されたと伝えられる北陸最古の温泉郷として名高い粟津温泉

※粟津温泉の開湯については第五回「有限会社善吾楼」創業:養老2年(西暦718年)を参照

応長元年(西暦1311年)の鎌倉時代後期に、旅亭懐石のとやはこの地で創業している

開湯以来、千三百年、絶ゆることなく湧きつづける粟津のお湯は、のとやにも同様に豊かな湯をもたらしている

慶長10年(西暦1605年)に、加賀三代藩主となった前田利常公がことのほか愛した粟津の湯

江戸時代には、北前船による日本海交易が盛んとなり、全国から湯治客が訪れるようになった


ひそかに向かいの宿屋の下男・竹松に恋をしてたお末がある夜、恋心をおさえきれず、宿の松の木をよじ登って屋根づたいに竹松の部屋へ向かった

ところが途中で足をすべらせ軒下へ落ちて、宿屋は大騒ぎになるが、これがきっかけでお末の想いは竹松に伝わり、めでたくふたりは結ばれた

400年も前から粟津温泉にわる恋物語「おっしょべ恋物語」

恋人の聖地といわれる粟津温泉にもまた、時代とともに変わりゆくもの、変わらざるものが存在する

その流れの中で、旅亭懐石のとやは伝統と革新を融合し、新しい老舗旅館の情緒を追求し続けているが

決して、変わることがないのが、「お客様にご満足頂けるよう努めること」である

そして、その根本にあるのが、「接客を生業」とする精神であり

「真心のおもてなし」

である。家業を「おもてなし」とし代々受け継ぐ技とする旅亭懐石のとや

変わらない真心と、進化し続ける姿、五感で味わってみてはいかがだろうか?


目指せ100年企業!第四十回「株式会社のとや」

http://www.notoya.co.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1504年、小田原外郎家「株式会社ういろう」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十九回「株式会社ういろう」創業:永正元年(西暦1504年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


外郎家の始祖は、支那台州に千四百余年続いた公家となる陳延祐が帰化した正平23年(西暦1368年)に遡る

陳延祐は、筑前博多に来た際に元での役職名であった礼部員外郎から一部をとり、更に官職名と間違えられないよう読み方も変え、陳外郎と名乗るようになったのが「ういろう」の由来となる

応永2年(西暦1395年)、外郎が没したのち息子の大年宗奇は、足利義満の招きで京へ上り、効能顕著な「霊宝丹」を天皇へ処方した際に「透頂香」の名を賜り、今もなおその名と受け継いでいる

この丸薬を処方したのが、外郎家であったため「ういろう」と呼ばれるようになり、外国信徒の接待役でもあった大年宗奇がもてなした菓子もまた「菓子のういろう」と呼ばれるようになった

その後、足利氏の祖籍である宇野源氏の世継をした5代目定治が、永正元年(西暦1504年)北條早雲に招かれ小田原へ来住し陳外郎宇野藤右衛門定治と名乗り薬と菓子を造ったのが「小田原外郎家」の創業となる


8代目陳外郎宇野藤右衛門光治の時、豊臣秀吉による小田原攻めで、小田原落城後、秀吉は北条氏の一族家臣を全て追放したが、外郎家に限り

「誠に由緒深き家柄であるから、城下に留まり存続するように」

と命じ、この時より医薬に専心することになった外郎家

代々一子相伝で「藤右衛門」の名を襲名する当主は、24代目を迎える小田原外郎家に伝わる家訓

「薬では儲けない、薬はあくまで人の命を救うもの」

「製造元以外での販売を禁じる」

「消失するたびに店舗を建て替える」

戦国の世を渡り、京都外郎家が衰亡した経緯を持つ小田原外郎家が歩んだ歴史がものの見事に映し出されている

本家本元ういろう小田原にあり、是非ご賞味いただきたい


目指せ100年企業!第三十九回「株式会社ういろう」

http://www.uirou.co.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1503年、宮中の御朝物、御粽司「川端道喜」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十八回「川端道喜」創業:文亀3年(西暦1503年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


文亀3年(西暦1503年)、鳥羽出身の武士だった渡辺進が、武士をやめて京都市街南部で餅屋になったのが川端道喜の創業

天文5年(西暦1536年)、法華の乱に巻き込まれた渡辺進は、一旦京都を離れるものの

天文11年(西暦1542年)、後奈良天皇勅許の綸旨により京都に戻るものの以前の名では店を出すことが出来ず

同じく鳥羽出身の中村五郎左衛門を娘婿に迎え、渡辺彌七郎と名乗り商いを発展させた

元亀3年(西暦1572年)、剃髪入道した渡辺彌七郎は、居士名の「渡辺道喜」を名乗るようになり初代道喜が誕生している

また、室町後期を迎えていた京都では、幕府の疲弊とともに御所の財政も逼迫していた

進と道喜は、天皇に歳事や祝事とは別に毎日色々な品を献上するようになり、やがては塩餡を包んだ餅を毎朝献上するのが習わしとして定着した

この餅が「御朝物」であり、その後、明治天皇が東京へ移られるまでの約300年間、毎朝続けられた

また、吉野に住まう「葛族」が朝廷に滋養強壮によく、古来非常食として用いられていた葛を献上した

この葛で葛菓子を製作することになったのが出入りの菓匠であった初代道喜である

天正5年(西暦1577年)、御所の御修造にあたり、竹木を運ぶ工人等の出入りのため、建礼門の東横に穴をつくらせたのも初代渡辺道喜で

この穴門は道喜門と名付けられ、現在も御所の建礼門の東横に残っている

 

 


「川端道喜」と名乗ったのは、4代目頃とされているが、初代道喜の中村五郎左衛門が天正19年(西暦1591年)に藍染川の「川端」に住んだことにちなんでいる

また、2代目に店を継承した、初代道喜は武野紹鴎の門下で茶道を学び、同門下の千利休や、利休の後継者古田織部との親交を深めている

また、9代目道喜は、儒学者の皆川淇園、国学者の伴蒿渓と御所の絵師の原在正の手を借り川端家の家史をまとめた『川端道喜 家の鏡』を作成し

初代道喜が京都へ移り住み、天皇家や織田信長、豊臣秀吉、千利休との親交を深めた経緯が伺える古文書として遺されている

このような川端道喜の生い立ちが、現在でも裏千家新年大茶会に「御菱葩」を提供する歴史の始まりだったといえる

それでもなお、粽を中心とし茶の湯の主菓子を作り続けてきた川端道喜

その製法は、薪ではなくガスで加熱するようになった他はほとんど創業当初から変えていないとされる

吉野葛と砂糖を天然水で炊いて練り、洗った笹の葉をずらりと並べ、その上に練り上がった生地を載せていく

形を整え、藺草できりきりと巻き上げ、これを束ねて長時間ゆで、笹の香りを粽に移し余分な糖分を落とせば完成

粽に適した良質の笹や葛は年々手に入りにくくなっているが、材料の質を落とすことはできない

また、笹の葉はすべて手洗いで1本を巻くのに5~6枚の笹を使い、100本巻くのに4時間は要する

「変えないのではなく、変えることができない」

と仰る16代目道喜代理の川端知嘉子さん

川端家の申し送り(家訓)は、

「品物を吟味して濫造せざること」

これは決してたくさん作るな、という意味ではなく、乱れた作り方をするな、という意味である

たくさん作れば、目が行き届かなくなって駄目になるとも言えるが、決して合理化がいけない、ということでもない

皇室や茶道の大家からも認めていただいた菓子の味を後世に伝えていくことを使命とする川端道喜

御粽司の名と味を、今後も受け継いで頂きたいと願います


目指せ100年企業!第三十八回「川端道喜」

http://douki1512.exblog.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1502年、長崎最古の菓子司「平戸蔦屋」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十七回「平戸蔦屋」創業:文亀2年(西暦1502年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


延暦23年(西暦804年)、第16次遣唐使に随行した真言宗の開祖空海も平戸から海を渡り

建久2年(西暦1191年)、宋から帰国した臨済宗の開祖栄西により初めて禅規が行われたといわれ

古くから海外への中継地点として栄えた平戸

 

文亀2年(西暦1502年)、この地に創業したと伝えられる長崎で最古となる五百余年の歴史ある菓子司「平戸蔦屋」

天文12年(西暦1543年)、ポルトガル船来航による鉄砲伝来とともに伝わったカスドース

天文19年(西暦1550年)、ポルトガルの貿易船が初めて平戸に入港、同年再び入港の際にかのフランシスコ・ザビエルも来航し

以後、スペイン・オランダ・イギリスの船が相次いで入港し、キリスト教の布教をはじめ様々な西洋文化や品が平戸へ伝わった

慶長5年(西暦1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に付いた松浦氏は、徳川家康より6万3千石の領地を安堵され確立した平戸藩の御用菓子司を賜っている

鎮信流という茶道の一派を興したほど茶道に造詣が深かった、平戸藩第4代藩主であった松浦鎮信公

茶事を年中行事として嗜む松浦家とともに歩み、弘化4年(西暦1847年)には第35代松浦熈公が命じられた「百菓之図」が完成し、現存している


平戸蔦屋のカスドースは、ポルトガルとの交流によって伝わった南蛮菓子のひとつで、ポルトガル語にすると「甘いカステラ」を意味する

当時大変貴重だった卵と砂糖を使用するカンドース

一口大に切り分けたカステラを溶いた卵黄に、くぐらせ熱した糖蜜に浮かべ最後に砂糖をまぶす

職人が手間ひまをかけ一つ一つ手作りするカスドース

本店の「按針の館」は築300年以上の歴史を刻んだ趣きある建物

茶道に造形深い藩主と歩んだ御用菓子司の歴史

「時代の変化が激しい今だからこそ、変わらないものを残す。」

と語る二十四代目当主の松尾俊行氏

西洋から伝わり、庶民は味わうことが出来なかった殿様の銘菓

この平戸伝統の銘菓を後世に残す担い手は、流行に流されず、昔から決められたことを愚直に守るのが使命

口伝により受け継がれる伝統の職人技とその味を、高貴な歴史とともに伝えて頂きたい次第です

 


目指せ100年企業!第三十七回「平戸蔦屋」

http://www.hirado-tsutaya.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1477年、日本最古の菓子「水田玉雲堂」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十六回「水田玉雲堂」創業:文明9年(西暦1477年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


貞観5年(西暦863年)、清和天皇は疫病の流行により幾千人もの人々が亡くなったことに御心を悩ませられ、同年5月20日に神泉苑で御霊会を執行した

この時、神前に供えてこれに疫病よけの一種の煎餅を創製し、身の安全をはかるように広く庶民に授与したのが「唐板煎餅」の始まりです

御霊会は、その後も絶えることなく執り行われてきましたが、応仁元年(西暦1467年)、応仁の乱により残念ながら絶えてしまった

応仁の乱が鎮まった文明9年(西暦1477年)、御霊神社境内に茶店を造った水田家の先祖は、唐板煎餅の由来を耳にし、古書を頼りに製法を会得し、再興をはかった

その風味は多くの人々に喜ばれ、厄病よけの煎餅としても世に知られるようになり、御霊神社の名物となったのが水田玉雲堂の創業です


明治維新前までは、皇室に皇子が誕生されると、120日を経て御霊神社にご参詣される際に、この「唐板煎餅」を御土産としてお買い上げになられ

氏子においても初宮詣り、七五三詣り、年詣りの節には御土産として用いられるようになり、殊にその雅味は茶人各位に珍重され、現在も三千家はじめ多くの人に愛されている

素朴な薄い焼き菓子である唐板は上御霊神社の祭神のひとり、吉備真備に由来する

真備は遣唐使で中国大陸に渡った学者で、さまざまな文物を持ち帰ったが、その中に唐板も含まれており、日本最古の菓子といわれる由縁である

唐板は、小麦粉と卵と砂糖、塩というとても簡単な材料で、すべて手づくりで焼いている

簡単な材料に簡単な製法、それだけに五百余年に渡り同じ味を作り続けるのは、決して容易なことではない

同じ厚さ・味に作るために、目覚めたときから、なるべく作る側の変化が少ないように心掛けている

例えば、道具であったり、材料であったり、をすべて同じように同じ場所に置く

毎日変わる気温や湿度の変化を感じ取るだけでなく、心身の変化にも対応する

世は移り、人は変わり、菓子もまた新しきものが生まれ古きものは姿を消す

そんな中、水田玉雲堂は、

この何百年間「唐板」のみを作ってきた

何百年も作り続けてきた、素朴で優しい味をこれからも伝えて頂きたい


目指せ100年企業!第三十六回「水田玉雲堂」

http://gyokuundo.com/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1461年、羊羹の発祥「株式会社駿河屋」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十五回「株式会社駿河屋」創業:寛正2年(西暦1461年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


寛正2年(西暦1461年)、木曽源氏の一門の出である岡本善右衛門氏が、京都伏見に「鶴屋」の屋号で饅頭処の商いを始めたのが創業

天正17年(西暦1589年)、蒸羊羹を改良したた「伏見羊羹」別名「紅羊羹」を発売し、豊臣秀吉公の大茶会で諸侯に引き出物として絶賛

元和5年(西暦1619年)、徳川頼宜公が紀州にお国替えの際、5代目善右衛門の鶴屋が紀州家御用菓子司に任命。紀州に御用本店、伏見に総本家を設置

万治元年(西暦1658年)、煉羊羹の材料選別、配合具合、炊き上げ方法など製法を工夫し、寒天と和三盆糖を用いて完全な煉羊羹を確立

貞享2年(西暦1685年)、第五代将軍徳川綱吉公の御息女鶴姫が紀州家に御降嫁となり、同名が憚るとし屋号「鶴屋」を返上

元禄2年(西暦1689年)、鶴字法度に伴い、徳川家所縁の駿河国にあやかって、屋号「駿河屋」を賜る

昭和19年(西暦1944年)、株式会社駿河屋へと改組

昭和36年(西暦1961年)、東京証券取引所、大阪証券取引所に株式上場

平成17年(西暦2005年)、東京証券取引所、大阪証券取引所の株式上場廃止


 

羊羹の元祖として和歌山と京都伏見において、伝統の味を持つ羊羹を製造販売

和歌山では、創業当初の饅頭処から連綿と続く「本ノ字饅頭」を昔ながらの製法のまま、その味を伝える株式会社駿河屋

平成17年(西暦2005年)に架空増資事件により、東京と大阪の両証券取引所で上場廃止となった老舗

創業550余年で始めての創業家以外の社長が就任し、失われた伝統と名誉を取り戻すべく奔走している

同年6月に制定された基本方針

  1. 全ての法令の遵守とその精神を尊重し、社会的良識をもって行動し、反社会的勢力と関係を持ちません。
  2. 社会的信用を第一に考えた経営と事業行動を行うと共に、自主的・積極的に環境保全活動に取り組みます。
  3. 公正・透明・自由な市場競争を行い、お客様の満足と信頼に基づき、社会的に有益な価値の創造と提供を行います。
  4. 広く社会とのコミュニケーションを行い、適時適切な企業情報を積極的かつ公正に開示します。
  5. 全ての人々の人種と個性を尊重し、ゆとりと豊かさを表現し能力を発揮できる安全な企業環境確保に努めます。
  6. 事業活動を行う国・地域の文化や習慣を尊重し、社会の発展に貢献し、良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います
「菓子を通じて、感動と和みのある心豊かな生活シーンの提案をする」

を理念とする株式会社駿河屋

伝統や技術に裏打ちされた日本の文化である和菓子で、心からのくつろぎを提供するとともに

また、紆余曲折した今こそ、代々受け継がれてきた宗祖の遺訓

「菓子のみに生きる」

を忠実に再現し、老舗の威光を取り戻して頂きたい次第です


目指せ100年企業!第三十五回「株式会社駿河屋」

http://www.souhonke-surugaya.co.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1421年、本願寺の御供物司「株式会社亀屋陸奥」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十四回「株式会社亀屋陸奥」創業:応永28年(西暦1421年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


室町時代中期の応永28年(西暦1421年)に創業した亀屋陸奥

浄土真宗中興の祖といわれる蓮如上人に仕え、文明15年(西暦1483年)に、京都山科に本願寺が建立され

「寺中は広大無辺、荘厳ただ仏国のごとし」と言われた頃から 本願寺の、供物や諸事に携わってきた

元亀元年(西暦1570年)に始まった石山合戦では、約11年のあいだ本願寺に従い、石山開城後も本願寺と共にあった

代表銘菓「松風」が生まれたのはこの石山合戦の最中で、3代目当主大塚治右衛門春近が、兵糧の代わりにと知恵をしぼりつくったのがはじまりで

この戦いの後に京都の六条下間邸で顕如上人が詠まれた

「わすれては波のおとかとおもうなりまくらにちかき庭の松風」

という歌から銘を賜ったと伝わっている


天正19年(西暦1591年)に現在の地に本願寺が建立されると、亀屋陸奥も御用達の御供物司として寺内に移り

万治3年(西暦1660年)頃、豊臣秀吉が聚楽第の池に浮かべて興じた檜造りの大きな亀を公家の柳原家を通じて手に入れ

正徳5年(西暦1715年) に三条大納言より陸奥の大掾の御宣旨を賜ったことで、双方にちなみ亀屋陸奥と名乗るようになっている

作家の司馬遼太郎氏の歴史小説『燃えよ剣』『関ヶ原』にも登場した松風

小麦粉、砂糖、麦芽飴そして白味噌の4つを主な原料とし、それらを混ぜ合わせて自然発酵させる

でき上がった生地を円盤状の鍋に流し込み、大きな丸形に焼き上げ、短冊状に切って完成となる

創製当時には白味噌は使っていないとされているが、多くの方の支持により育まれ変化してきた証としている


 

現在も西本願寺への御供物の調達を家業としており、特に親鸞上人の報恩講の法要が行なわれる1月には多忙を極めている

 

報恩講に納める御供物は「御華束」といい、円筒形に巻いた麦藁に、串に刺した様々な菓子類をびっしりと盛り付ける豪華で精巧なもの

ものづくりの向こうに変わらない何かがある

そう信じ、あたりまえのことを、あたりまえに続けてきた五百有余年の歴史

いくつもの時代を、菓子づくり一筋に取り組み、喜んでいただける菓子を伝えている

さらに真心のこもった菓子づくりをめざし、歩みはこれからも続いてゆく

「この商売は目新しさや派手さを求めるのではなく、本願寺の発展とともに歩んできたその歴史を継承していくことが最大の使命」

と仰る21代目当主大塚經雄社長

これからも次代に向けて堅実に、真心を込めた菓子づくりを続けて頂きたい次第です


目指せ100年企業!第三十四回「株式会社亀屋陸奥」

http://kameyamutsu.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1333年、瑞光山清水寺の極伝「有限会社元祖黒田千年堂」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十三回「有限会社元祖黒田千年堂」創業:元弘3年(西暦1333年)以前

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


用明天皇2年(西暦587年)、尊隆上人によって開かれた出雲國神仏霊場第十一番の瑞光山清水寺

当時、水が一滴も出なかった瑞光山で、一週間祈願したところ水が湧き出した

その水は雨期にも濁ることなく、乾期にも枯れることなく、常に清い水を湛えたところから

清い水の出る寺、清水寺と命名されたと伝えられています

承和6年(西暦839年)に唐より戻られた天台第三祖慈覚大師円仁が立ち寄った際に

話された唐での羊肝料理を人々が、肉の代わりに豆や米などの穀物を使い、再現したのが精進料理となり

点心を経て、鎌倉期から室町期に茶の湯が盛んとなる過程で茶菓子となり清水羊羹が誕生したとされています


鎌倉期に随行山清水寺から、門外不出の極伝を授けられたのが、黒田千年堂の祖先であり清水羊羹元祖として誕生しました

正確なには不明となっているが、鎌倉期に創業していることから元弘3年(西暦1333年)以前に創業と伝えられています

優しい食感に、甘さが残らず控えめで、さっぱりと洗練されたその味を、長きに渡り受け継ぎつつも

驕ることなく、研究と改善を繰返し、門外不出の極伝を授かった名誉に恥じることなく今日を至っている元祖黒田千年堂

添加物を一切使用せず製餡から包装まで一貫して自社工場で製造する拘りは、

お客様へ安心して召し上がって頂きたい

と願う企業姿勢が反映されています

肉食が禁じられていた禅院での料理から生まれた元祖清水羊羹

僧侶をもてなした料理人の創意を受け継ぎつつ、この地を訪れる旅人を清水羊羹で癒して頂きたい次第です


目指せ100年企業!第三十三回「有限会社元祖黒田千年堂」

http://kurodasennendo.com/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1329年、秀吉が命名「株式会社かん袋」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十二回「株式会社かん袋」創業:元徳元年(西暦1329年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


時は、元徳元年(西暦1329年)に和泉屋徳兵衛氏が和泉屋という商号で御餅司の店を開いたのがかん袋の創業です

応永27年(西暦1420年)頃、勘合貿易港となった堺に明より到着した農作物を、五代主人和泉屋忠兵衛氏が塩味で挽き合わし餅で包んだ

お餅をくるんで食べるところから「久留美餅」と称すようになったと伝えられている

文禄2年(西暦1593年)春、桃山御殿が完成したのを機会に、秀吉は寄付金の礼として堺の商人納屋衆を招いた

この時、天守閣は暑い日盛りの下で瓦を葺いており、職人が一枚一枚瓦を運び上げている最中だった

和泉屋徳左衛門は、毎日奉仕に出て瓦を取っては次から次へと屋根の上に放り上げました

この様子をみた秀吉が、「紙袋が散る様に似ている」と称え、「以後かん袋と名づけよ」と命じた

この時に商号が和泉屋から現在の「かん袋」となっている


明治時代には、冷凍技術が輸入され、カキ氷をかけて食べられるようになったことで「氷くるみ餅」が誕生している

原材料、製法は門外不出とされており、一子相伝で全く公表されていない

「子供の頃から家業の手伝いをして味と技を覚えた」

二十七代主人となる今泉文男氏は、今も一人で手造りしている賞味期限当日の生菓子

塩味から始まり砂糖へと変遷するも、その時代毎にこれ以上ない味を極めた完成品

伝統の製法を忠実に受け継ぎつつ、時代ともに進化する生菓子

濃厚な餡に弾力ある白玉団子

創業以来、直向きに「くるみ餅」だけを製造・販売する単品経営

「これよりおいしいものができないから」

この一言に、長い歴史が凝縮されていると言っても過言ではない


目指せ100年企業!第三十二回「株式会社かん袋」

http://www.kanbukuro.co.jp/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:

創業:西暦1327年、紅蓮尼の煎餅「株式会社紅蓮屋」

目指せ100年企業!老舗企業・長寿企業の秘訣を企業理念から学ぶ、企業理念研究所

第三十一回「株式会社紅蓮屋」創業:嘉暦2年(西暦1327年)

経営ブログランキングに参加しています!至極の励みとなりますのでクリックお願いします!

↓↓↓↓↓





ブログランキング


悲恋の主人公、小太郎・紅蓮尼の「軒端の梅、心月庵紅蓮尼物語」

西国三十三観音巡礼の旅の途中、象潟の森隼人と松島の掃部は道連れとなりました

幾月かの泊りを共にした二人は別れを惜しみ、親戚の関係を結びたいと

森の娘谷と掃部の息子小太郎の婚約を整えた

掃部が霊場巡拝の長い旅から帰っると小太郎は、病がもとで亡くなっていた

しかし死を知る由のない谷は花嫁姿で掃部のもとを訪れ

「親同士が許した以上女夫とし、命の終るまで仏に仕え奉る」

と松島に残った

掃部夫妻が亡くなった以後、谷は世の無常を強く感じ逝ける人達のために冥福を祈る為

髪をおろし尼となり紅蓮と改めた

嘉暦2年(西暦1327年)、紅蓮は心月庵を開き、供えられた米で煎餅を焼いて村の人々に施した

これが誰言うともなく「松島こうれん」と呼ばるようになり、紅蓮屋心月庵の創業と伝えられている


「松島こうれん」の原料はうるち米と砂糖と塩で、薄い餅状にしたものを炭火で焼き上げた煎餅の一種

簡素な菓子ではあるが分量が少しでも違えば別物となる為、一子相伝にて現在まで代々に渡りその製法を伝え続けている

戦時下では、食料不足により製造が出来なくなり

先般の東北大震災では、洪水による被害で製造が出来なくなった

長い歴史の中で数々の難を乗り越えて受け継がれた「松島こうれん」

その理由は代々、伝わる家訓にあった

「紅蓮尼の徳を絶やさないこと」

日本三景のひとつ松島で語り伝えられている、見ぬ夫に一生を捧げた日本女性の鑑のものがたり

長く深い歴史に積み上げられた徳を今後も絶やさず受け継いで頂きたいものです


目指せ100年企業!第三十一回「株式会社紅蓮屋」

http://www.matsushimakouren.com/

いかがでしたでしょうか?ご意見・ご感想など頂ければとてもとても励みになりますので、是非お願いいたします!

Please follow and like us:
×

Enjoy this blog? Please spread the word :)