X

中国と日本?日本と中国?日中国交の行方

中国と日本?日本と中国?日中国交の行方
2010年9月7日に起こった尖閣諸島・久場島沖(東シナ海)の中国のトロール漁船と海上保安庁の巡視船との衝突事件発生から、様々な憶測を呼ぶ日本と中国の行動がフジタ現地法人社員の高橋定さんの解放で一段落となるのでしょうか?
トロール漁船の船長は、日本の領海内で停船命令に従わず漁船を衝突させたことで公務執行妨害で逮捕されたにも拘わらず、中国側は即時無条件釈放を要求し、その後レアアース(希土類)は輸出規制され、中国からの沖縄観光旅行への広告が抑制され、フジタの高橋定さん等が拘束された。
拘留延長までしていた、中国人船長は検察当局による独自の総合的判断については、刑事訴訟法に容認された範疇で行われたはずなので誰も追求せず・・
フジタの高橋さんは解放されたものの、解放の段になって軍事管理区域で撮影が禁止されていたとお土産のように報道され・・
検察の証拠改竄もしかり、小沢氏の強制起訴もしかり、国内外ですっきりしない事が続いておりますが、経済守れず、政治守れず、国土守れず、国民守れずな日本は、今現在、誰が舵取りをして、今後誰がどのように舵取りを出来るのか?と問わずには居れません。
個人の非難には、報道各社もがっつりと食いつきますが、体制や組織の関係になると顔を背けているようにしか見えないのですが、こんな折になら、大阪と言わず関西に、基地やカジノが誘致決定されてしまったりしないものでしょうか?

生活総合研究所株式会社

Please follow and like us:

Enjoy this blog? Please spread the word :)